日本代表MF土居聖真、伊東純也の代表デビューに「刺激を受けた」…中国戦の出場に意欲

EAFF E-1サッカー選手権の第2戦、中国代表との試合が12日に味の素スタジアムで行われる。この試合に向けてMF土居聖真(鹿島アントラーズ)は、次のように語る。

「自分たちも走って、だけど相手を走らせる。そういう内容になればベストだと思います」

9日に行われた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)戦は、後半アディショナルタイムに決まったゴールで、日本が辛くも1-0で勝利を収めた。この試合をベンチから見ていた土居は「どんだけチャンス作っっても勝てるわけではない。もちろんチャンスが多い方が得点の確率ってのも増えるし、どんだけディフェンスを崩されても最後やられなければ負けない。チャンスを作って決め切るところは、日本の永遠のテーマ」と語る。

そして「そこを少しでも生み出せたらと感じています。考えすぎても、あんまりいいプレーできないと思うので。まあ、ちょっと開き直りと言うか、何も考えずに気楽にプレーできれば、僕も周りもいいのかな。僕も生きて周りも生きるようなプレーができれば」と、中国戦への出場に意欲を見せた。

北朝鮮戦で伊東純也(柏レイソル)が代表デビューを飾ったことも影響しているのだろうか。その指摘に土居は「あんまり消極的なプレーをしてもしょうがない。もう積極的なプレーというか、やってやろうというか、意図が感じられるようなプレー(を心掛けたい)。失敗しても全然関係ない。そうした姿勢が周りにも伝染していくと思うので、いい循環になればいい。僕もそういう意味では刺激を受けたのかなと思います」と答えた。

中国戦は12日19時15分にキックオフを迎える。