指揮官の指示を“守りすぎた”日本…長友佑都が感じた課題とは?

「ちょっと正直すぎましたね」

日本代表のDF長友佑都が、マリ戦後に課題を口にした。

日本は23日、マリと国際親善試合を行い、1-1のドローに終わった。長友は、ポジションチェンジなどピッチ内での工夫が足りなかったために相手が守りやすい状態になってしまったと認める。

「ちょっと単調になりすぎました。結局、後ろではつないでいるけど、怖さもなくて、逆にちょっと危なっかしくて、結局ロングボールに頼るしかないってところで。本番はもっと相手のフィジカルレベル、1対1のレベルが高いので、あのボール回しだと結局、かっさらわれてショートカウンター食らうんじゃないかなと。ボールを持ったときの組み立てのところはチームとして修正すべきところだと特に今日は思いました」

その要因に挙げたのはヴァイッド・ハリルホジッチ監督の指示を守りすぎたこと。久々の招集となった選手や、デビュー戦となった選手がいたことで、選手間での修正が上手く行かなかったと明かした。

「今日はちょっと正直すぎましたね。もちろん経験ない選手とか、初めての選手とかいて、簡単ではなかったと思いますけどね。監督の言ったことだけに、自分の仕事ってことで集中してたところもあると思うんでね。そこは僕らがもっともっと試合中にね、なかなか簡単ではなかったですけど、言うべきだったと思っています」

「修正が今日はちょっとできなかったですね。だからこれ、もちろん経験ある選手を中心にピッチ内で話すところがいっぱいあったと思うし、ピッチでプレーするのは選手なので、そこは相手の状況とか自分たちが今まで積み重ねてきた経験をどのようにプレーに生かしていくかはもっと考えていかないとね」

「出た課題を話し合う」としつつ、「今修正しないと手遅れになって終わりますよ」と語気を強めた長友。ワールドカップへ向けて求められることは、修正力だ。