トゥーロン国際大会に臨むU-21日本代表メンバー20名を発表

 日本サッカー協会(JFA)は15日、第46回トゥーロン国際大会2018に臨むU-21日本代表メンバー20名を発表した。

 ドイツのハンブルガーでプレーするMF伊藤達哉やジュビロ磐田のFW小川航基、コンサドーレ札幌のMF三好康児などが選出された。これにより伊藤達哉はワールドカップの予備登録から漏れた可能性が高くなった。

U-21日本代表に選出された20名は以下の通り。

◆GK
1 オビ・パウエルオビンナ(流通経済大)
12 山口瑠伊(エストレマドゥーラ)

◆DF
4 板倉滉(ベガルタ仙台)
3 中山雄太(柏レイソル)
20 椎橋慧也(ベガルタ仙台)
15 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
5 冨安健洋(シントトロイデン)
19 橋岡大樹(浦和レッズ)

◆MF
10 三好康児(北海道コンサドーレ札幌)
17 神谷優太(愛媛FC)
16 森島司(サンフレッチェ広島)
8 三笘薫(筑波大学)
14 伊藤達哉(ハンブルガーSV)
6 初瀬亮(ガンバ大阪)
7 井上潮音(東京ヴェルディ)
2 藤谷壮(ヴィッセル神戸)
18 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)

◆FW
9 小川航基(ジュビロ磐田)
13 上田綺世(法政大学)
11 田川亨介(サガン鳥栖)

 また同大会は5月26日(土)から6月9日(土)にかけて行われ、全12チームが出場。試合は40分ハーフで行われ、各グループの1位と2位グループの1位が準決勝に進出する。

 日本代表はまず5月28日にトルコ戦。5月31日にポルトガル戦。6月3日にカナダ戦を迎える。

組み合わせは以下の通り。
グループA:イングランド、中国、メキシコ、カタール
グループB:フランス、韓国、スコットランド、トーゴ
グループC:カナダ、日本、ポルトガル、トルコ

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームサッカーユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

日本代表のライバル!「ハメス&レヴァンドフスキ」の共演ゴールを見よ

ブンデスリーガ第19節、王者バイエルン・ミュンヘンはホームでのブレーメン戦に4-2で勝利した。

バイエルンはトーマス・ミュラーとロベルト・レヴァンドフスキがそれぞれ2ゴール。その得点シーンをまとめて見てみよう。

この試合で膝の怪我から復帰したレヴァンドフスキは、ハメス・ロドリゲスのコーナーキックを叩き込むシーンも(動画2分22秒~)。

ワールドカップで日本代表の前に立ち塞がるであろう2人の共演ゴールとなった。

そのレヴァンドフスキはアリエン・ロッベンを抜いて、ドイツ人以外のバイエルン選手としてブンデスリーガ最多スコアラーとなったそう(94得点)。

 

日本代表MF土居聖真、伊東純也の代表デビューに「刺激を受けた」…中国戦の出場に意欲

EAFF E-1サッカー選手権の第2戦、中国代表との試合が12日に味の素スタジアムで行われる。この試合に向けてMF土居聖真(鹿島アントラーズ)は、次のように語る。

「自分たちも走って、だけど相手を走らせる。そういう内容になればベストだと思います」

9日に行われた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)戦は、後半アディショナルタイムに決まったゴールで、日本が辛くも1-0で勝利を収めた。この試合をベンチから見ていた土居は「どんだけチャンス作っっても勝てるわけではない。もちろんチャンスが多い方が得点の確率ってのも増えるし、どんだけディフェンスを崩されても最後やられなければ負けない。チャンスを作って決め切るところは、日本の永遠のテーマ」と語る。

そして「そこを少しでも生み出せたらと感じています。考えすぎても、あんまりいいプレーできないと思うので。まあ、ちょっと開き直りと言うか、何も考えずに気楽にプレーできれば、僕も周りもいいのかな。僕も生きて周りも生きるようなプレーができれば」と、中国戦への出場に意欲を見せた。

北朝鮮戦で伊東純也(柏レイソル)が代表デビューを飾ったことも影響しているのだろうか。その指摘に土居は「あんまり消極的なプレーをしてもしょうがない。もう積極的なプレーというか、やってやろうというか、意図が感じられるようなプレー(を心掛けたい)。失敗しても全然関係ない。そうした姿勢が周りにも伝染していくと思うので、いい循環になればいい。僕もそういう意味では刺激を受けたのかなと思います」と答えた。

中国戦は12日19時15分にキックオフを迎える。

 

ロシアW杯まであと半年…日本代表の2018年強化日程が発表!3月には最後の欧州遠征へ

ロシア・ワールドカップを半年後に控える日本代表。世界の頂点を目指す戦いへ向け、JFA(日本サッカー協会)は今後の強化スケジュールを発表した。

3/19(月)~3/27(火)に予定されるインターナショナル・マッチウィークで、日本代表は欧州遠征を予定している。対戦相手等はまだ決まっていないが、本大会前最後の欧州遠征となるため、重要な遠征になるだろう。

W杯本大会を2週間後に控えた5/30(水)には、日産スタジアムでキリンチャレンジカップに挑む。本大会前最後の国内試合となるため、この試合は大きな意味を持つものになる。

そして、6/14(木)からはいよいよW杯が開幕する。日本代表の初戦は6/19(火)、相手はコロンビアだ。その後、25日にはセネガル代表と対戦。そして28日にはポット1のポーランドと激突する。決勝戦は7/15(日)の予定となっている。

以下、日本代表のW杯までの強化スケジュール。

●3/19(月)~3/27(火):国際親善試合

対戦相手:未定

●5/30(水):キリンチャレンジカップ

対戦相手:未定

●6/14(木)~7/15(日):ロシア・ワールドカップ

6/19(火):コロンビア

6/25(月):セネガル

6/28(木):ポーランド