ロシアW杯まであと半年…日本代表の2018年強化日程が発表!3月には最後の欧州遠征へ

ロシア・ワールドカップを半年後に控える日本代表。世界の頂点を目指す戦いへ向け、JFA(日本サッカー協会)は今後の強化スケジュールを発表した。

3/19(月)~3/27(火)に予定されるインターナショナル・マッチウィークで、日本代表は欧州遠征を予定している。対戦相手等はまだ決まっていないが、本大会前最後の欧州遠征となるため、重要な遠征になるだろう。

W杯本大会を2週間後に控えた5/30(水)には、日産スタジアムでキリンチャレンジカップに挑む。本大会前最後の国内試合となるため、この試合は大きな意味を持つものになる。

そして、6/14(木)からはいよいよW杯が開幕する。日本代表の初戦は6/19(火)、相手はコロンビアだ。その後、25日にはセネガル代表と対戦。そして28日にはポット1のポーランドと激突する。決勝戦は7/15(日)の予定となっている。

以下、日本代表のW杯までの強化スケジュール。

●3/19(月)~3/27(火):国際親善試合

対戦相手:未定

●5/30(水):キリンチャレンジカップ

対戦相手:未定

●6/14(木)~7/15(日):ロシア・ワールドカップ

6/19(火):コロンビア

6/25(月):セネガル

6/28(木):ポーランド